2016/11

休みももうすぐ終わり   2016.11.30 Wed

自己研鑽休暇から始まった11月。明日でおしまい。

自己研鑽では徳島から愛媛まで1000kmくらいを自転車で走ったが、
残念ながら転倒→鎖骨骨折で帰宅になってしまった。
お遍路も64箇所で中断となり、残り24の札所はまたリハビリ後に
回ることになるだろう。

自己研鑽としては、よい経験だったと思う。
自転車で走ることは色々と考えることが多かった。
・路肩の整備が悪くて自転車が車道の端を走りにくい場合が多いこと。
・自動車と違って回りが見やすい速度で走るので、道路の周辺が良く
 見える→四国は何故だか潰れたお店が主要道路でも多い
・少しの上り坂も自転車は感じられる。
 →ただ、どんな上りも頑張って漕ぎ続ければ絶対に頂上に着く

特に上り坂については自転車ならではだと思う。
自動車では気にならない坂でも自転車はきつかったり…
峠越えとか山登りとなると、自動車ならアクセル踏めば良いが、
自転車だととにかく歯を食いしばって漕ぎ続けるか、押すしかない。
でも、どんな大変でも必ず頂上が来るので、そこまで頑張る。
初日はちょっとの坂もきつかったし、2日目は焼山寺の9kmの上り、
3日目は鶴林寺の上りもともにきつかった。でも、そこを経験したら
その後の上りは大概は何とかなった。(例外:27番、60番)
ホントに、先を見ると疲れるので、時々先を見ながらも基本は
数メートル前を見てとにかく右、左と漕ぐのを繰り返す、という
積み重ねでどんな峠も越えられるというのは、ある意味、よい人生の
教訓のようにも思えた。一種の修行と言ってもよかったのかも。

まあ、食事とかで楽しい経験も多かったし、しまなみ海道の
サイクリングも、にわか自転車乗りではあったが楽しめた。

その後の転倒→手術→療養についても、これまでで経験したことが
無いことと思えば、色々と考えるところの多い研鑽にはなったかと。

まずは転倒。
思えば、骨折った状態で呻きながらも自転車で下山したものだ。
まあ、途中で積んでたウルトラライトダウンジャケットを落として
無くしたりしたけど…
でも、フロントキャリアは壊れて、右腕は上がらない状態で
自転車を何とか動けるように荷物をとりあえず仮固定して、
急坂を泣きそうになりながら降りてきて、64番のお参りもして
ホテルに入ったというのは我ながらよくやったと思う。
家族には心配かけたけど…

結局、翌日に骨折と判明して、自転車と荷物をパッキングして
送って新幹線で帰ってきたのも当然の判断だった。

で、入院&手術。

生まれた時はともかく、その後は入院も手術も経験が無かったので
今回が初体験。色々とこのブログに書いた通りだったが、まあ、
家族のありがたさもわかったし、入院するような怪我すると
当然にその後は不自由が出てくるというのも実感。

毎朝の苦痛である首と肩の痛み、そして、右腕が自由に動かない
ことによる不便さ(車の運転すらできない)は、人生最悪の状態。
そんな使えない状態でつまに迷惑かけてるのが申し訳ない…

その辺踏まえて全てが11月の自己研鑽なのかもしれない。
ある意味、予定通り上手くいかなかったことで色々と思うことが
増えたようにも思う。ま、ポジティブに考えればそれもよしか。
スポンサーサイト

鎖骨骨折:Before - After   2016.11.26 Sat

水曜日に退院してから3日経過。
仕事も元々今月一杯が自己研鑽で休みの予定だったから
療養のため休みで暇。
右手があまり上がらない状態なので、車の運転もできないから
自由に出かけることもできず、近所を散歩するか家にいるか
しかできない。

そんな中でいくつか気付いたところもあったので、今回の骨折の
状況をまとめてみようかと思う。

まずは折れ具合。転倒の翌日に西条市の松本整形で撮った
レントゲン画像。
broken x-ray 
右鎖骨の遠位端がポッキリ折れて変位も大きかった。
これを見る限りだと、遠位端にある腱は切れてなかったか?
確かにこれ見ると「よく一晩我慢したね」と言いたくなるかも。
おかげで、西島秀俊並みに肩がなで肩になってた。

で、手術後。
sSCN_0001.jpg 
折れた鎖骨を金属プレートとボルトで接合。
肩がまともな高さに戻った。

退院後、風呂に入りやすいように防水のワンタッチパッドに
傷あてを交換したが、昨日の風呂後にかぶれ防止のため
一旦剥がして傷口のチェックもしつつ普通の滅菌ガーゼ+
サージカルテープでの固定に変更。
微量の出血痕はあったが、特に化膿とかはなさそう。
今日の風呂前に再び防水パッドに変えたが、出血無しなので
傷口は順調に塞がっている様子。

問題は関節と筋肉の拘縮と、周りのコリ。
右手をここ10日くらい使わなかったら、明らかに上腕の
筋肉が落ちた。自転車で走っていた時は上腕二頭筋が
それなりになってきていたのに、今は左と右で各段の差が。
あと、折れてた時から手術後に三角巾で固定されていた間、
右手を体の前で支えるような姿勢にずっとなっていたので
右肩の可動範囲が格段に狭まってしまった。
昨日くらいから、負荷のかからない範囲で右腕を動かすように
し始めたら、右手で箸使って食事ができるくらいに軽く腕が
上がるようになった。プレートでとめてるので無理はできないが、
軽くほぐすようなことはリハビリとして必要かも。

今、一番の悩みは首・肩・背中のコリ。
一応、家から出かけるときとか就寝時は腕を吊るようにしているが、
このおかげで首、肩、背中がコって仕方がない。
傷口の痛みはロキソニンで取れるが、コリの痛みはロキソニンじゃ
どうにもならないのでほぐすしかない。

健常時ならオフィスストレッチとかで肩を動かしてどうにかできるが、
今は肩が動かないのでそんなのもできない。
正直、これが今一番つらい。

この右側のコリが影響しているのか、右の股関節まで痛くなってきた。
先週の転倒直後に確かに右足の付け根に痛みがあったが、それほど
ではなく、帰宅から入院の間は無視できるくらいだったもの。
昨日くらいから、ちょっとひどくなってきた感じがするが、右側の
歪みによる痛みが股関節にも来たと考えるのが自然か?

ま、リハビリ兼ねたストレッチをするしかないような気がする。
やれやれ、簡単には「全快」みたいになりそうにないなぁ。

鎖骨骨折:退院   2016.11.23 Wed

いつも通りに朝6時前に目が覚める。
朝食が出てくるのは8時前後なので何もすることはない。
暇つぶしにもならないが、退院なので個室に置いていた
物を片づけ。

朝食を平らげて、しばらく待ったら整形のドクターが来て
くれてガーゼの交換。そうしてたら主治医が来てくれて、
退院問題なしとのこと。何となくこのドクター、ノリが
軽い感じで嫌いじゃないが、ちょっと大丈夫かいなとも
思ったりもする。ま、だからって、いかにも業界の重鎮
みたいな人が出てきてもだし。自分にはちょうど良いのかも。

ドクター曰く、「三角巾で右腕固定の状態でも仕事ができる
なら、明日からでも職場復帰してもらっていいですよ」だって。
風呂の話をした時も、看護師さんが「濡らさないように」と
言う横で「まあ、濡れても問題ないですけどね」と(笑)

職場復帰に関しては、まあ、もともと今月一杯は自己研鑽
休暇で休みの予定だし、抜糸が12/1との事なので、そこまでは
静養しようと思う。

で、つまも来てくれて個室&食事代を支払いして、
担当の看護師さんから退院の説明聞いて退院。

微妙に判らないのが病院の入院日数の数え方。
11/20の13時と指定されて入院して、11/23の10時に退院。
通常のホテルの感覚だと、3泊分の請求となるのだが、病院は
4日の請求となるから、個室料金は\5000×4=\20000。
へ~、そうなんだ。
まあ、きっと医療保険もこの基準なのだろうから良いけど。
個室は楽だったから、許す。

やることもないので、三角巾で腕吊った格好で妻と一緒に
買い物に。いかにも怪我人スタイルは目を引くのだろうが、
三角巾で吊ってると腕を折ったみたいで何か大げさ。
実際は肩で、腕を吊るのは負担減のためなんだけど…
ということで、Amazonでアームバンドを購入。
(実際は、昨日の晩に発注) 明日到着予定。
調子良ければ追加で購入して洗い替え用にしようっと。

ついでに、近所のドラッグストアで防水のワンタッチパッドを
購入し、病院で貼ってもらったパッドと交換。これで安心して
シャワーもできる。

調子に乗って色々やってたら、手術の傷というより鎖骨が痛く
なってきたので、やっぱり無理はできないみたいと反省。
ただ、三角巾で腕を吊るのも鎖骨の内位側に負荷がかかって
痛いので、早いとこAmazonで頼んだバンドが来てほしいなぁ。

明日から月末まで、当面は静養の日々が続く…

鎖骨骨折:暇な一日   2016.11.22 Tue

明け方5時に看護師さんが定時観察に来た。

肩を動かさない姿勢で心電モニターやら

点滴やらがついてて身動き取れなかったのて

いい加減首やら背中やら腰やら痛くて目が

覚めてたので、モニターを外してもらえた。

朝食までには自由歩行可となり、あとは

点滴のみ。

で、することなし。

寝てるのはうんざりと、窓際の安楽椅子で

本読んだりしながらradikoでラジオ聴いて

過ごす。テレビは地震と津波の報道ばかり…

昼食後、最後の抗生物質投与が終わり、

点滴からも解放された。

で、本当にすることなし。

午前と同じく、ラジオと本と3DSがお友達。

明日退院だからいいけど、これがあと1週間

続くなんて言われたら、貧乏性の自分は耐えられ

ないなあ。

まあ、幸いに手術の傷口の痛みも痛み止めで

問題ないし、飲む間隔も長くなっているので

回復傾向なんだろう。

しかし、こうも暇だとお茶菓子食べながら

茶ばかり飲んでるので、太りそう(笑)

ついに夕食後に売店に行ってアイス買う

というところまで堕ちたし…

いかんいかん(^_^;)

鎖骨骨折:手術   2016.11.21 Mon

手術当日。と言っても何時から始まるかは

わからないままで順番待ち。

昨晩夕食後から絶食、今朝から絶水なので

腹は減るわ喉は乾くわ、待つ身は辛い。

15時過ぎに手術室からお呼ばれ。

歩いて手術室に入って手術台へ。

手早く色々つけられて、いくつか質問に

答えたら麻酔薬が入れられて…

目覚めたら全部終わってた。

と言っても覚醒レベルはまだ高くないので

挿菅外してあれよあれよという間に個室に

運ばれてベッドで酸素マスクとモニター

つけられて寝てた。時計を見ると17時15分くらい。

手術室に行ってから2時間くらいか。

その後、定期的に体温や血圧測りに看護師さんか

来たりして、寝たり起きたりしてた。

痛みは、3時間弱くらいで転んだ直後のような

のが来たが、3時間たつと飮水OKとのことで

少し待って鎮痛剤を経口投与して何とかなった。

まあ、暑かったり同じ姿勢で寝過ぎで首、

背中、腰が痛くなったりと色々あるが

手術の傷口の痛みが抑えられているから

許容範囲かな。

とりあえず、骨折で落ちてた肩は元の

位置に戻ってこれたようだし、後は、

とれだけで全快となるのやら?

鎖骨骨折:入院初日   2016.11.20 Sun

一応、全身麻酔で手術をするので前日から入院。

今回、骨折というものを生まれて初めて経験したが、

確かにやった直後と下山のために折れた右側でも

ハンドル握って下っていたときの激痛は酷かったが

その後は、実は鎖骨その物よりも、多分、転倒の

時に上腕で圧迫されてダメージ受けてる様子の

肋骨の前後の特定箇所の方が痛い。

普通にしてれば問題ないが、寝床から起きるときや

くしゃみ&咳をするときなどに痛みが走るから面倒。

ま、悪化する様子もないので様子見か。

それはさておき、午後イチから入院したものの、

最初の説明を受けてしまうとすることがない。

初入院は個室。大部屋でも良かったけど、空きが

無いのか何故か土曜日から入って欲しいみたいな

話だったので、息子の学習発表会もあるし

空きがあった個室にしてもらった。

洗面台、シャワー、トイレ付きだし、

個室料金こみでテレビ、冷蔵庫、

湯沸かしポットも使える。

個人の物も適当に使いやすいように置いて

構わないし、窓際のカウチでのんびりできるし、

贅沢と言われるかもしれないけど、

今回みたいな短期の入院なら、こりゃ

快適かも。

つまが帰ってからやることが当然何もないので、

持参のお茶淹れて、一階のコンビニで煎餅と

かりんとう買って来たのを摘まみつつ、

Amazon musicでジャズ聴きながら読書という

何だか家にいると貧乏性で何かしらしてしまう

のから解放された、ゆったりした日曜の午後の

ひとときを過ごしている。

こんなの続けたら太りそうなので嫌だけど(笑)

暇…   2016.11.19 Sat


昨日のブログで書いた通りの懸念が早速。
朝起きても、右手が使えないので家事ができるわけでもない。
炊事も洗濯も何も手伝えない。
家にいる土日だったら自分が作ってる昼食も、何も手が出せない。
出かけるにも車の運転もできないので、つまの運転。

息子の小学校の学習発表会を観に行ったくらいか?

明日から入院・手術で水曜の午前に退院の予定なので、その間は
病院にいるからと割り切れると思うが、退院した後に大丈夫かな?
と、いきなり不安になってきた(笑)

多少動かしてもよいという状況になればリハビリがてらで何でも
やるのだが…

ま、こんな状況なので、以前はあまり手伝いをしてくれなかった
子供達が手伝いをするようになったのは怪我の功名か?

鎖骨骨折:地元の病院受診   2016.11.18 Fri

昨日受診した整形の先生が「手術必要だから手術設備のある大病院に
行くように」と言っていたので、朝一から外来予約をして近所の大病院で
受診。

まあ、昨日の先生の見立て通り、今日の先生も「手術ですね」と。
月曜手術で、全身麻酔なので前日から入院、水曜日退院、との話。
まあ、こっちに帰ってくる途中でネットで調べていたが、まず
遠位端の場合は保存療法ではなく手術ということだったので
想定内。

術式の説明やら全身麻酔の説明やら入院の説明やら、手術前の検査に
加えて色々と説明受けてたら病院出たのが昼になった。

あとはすること無し。
右手が自由に動くわけでもないから家事も手伝えない役立たず状態。
う~ん、手術してから職場復帰まで1か月なんて主治医に言われたが、
その間、こんな役立たず状態でいて耐えられるだろうか?
一方でそんな愚鈍な生活に慣れてしまうというのは嫌だし…

困ったものだ。

夜になって昨日発送した自転車と荷物が到着。
改めてガリガリに傷ついたヘルメットを見ると、してなきゃ相当
ヤバい事になってたかも、と。押して歩くとき以外はヘルメットを
必ず着用していたが、やっぱりヘルメット大事。子供たちにも
しっかりさせているが、改めて注意喚起しておこうっと。

四国遍路:リタイア、また来る日まで。   2016.11.17 Thu

一晩寝ても改善の様子もないので朝から整形外科に。

レントゲン撮ってくれた人が「えらいこと。あなた

よくこれで一晩我慢したね」とひとこと。

鎖骨の遠位端骨折でポッキリいっちゃってて

ずれ幅も大きいから「多分、手術になるから

設備のある大きい病院に行ってね」とのこと。

終了…

装具でとりあえず楽にして、鎮痛剤と紹介状、

レントゲンのデータもらって、荷物を預けてる

宿へ。鎮痛剤が効いてきたので、自転車を輪行袋に

入れ、タクシーでヤマト便の営業所から他の荷物と

合わせて発送。

電車にのって帰宅の途へ。

また今度は春にでも休みを取って続きをまわる

ことにするか。中途半端は嫌だから。

さらば四国、また来る日まで。

四国遍路:14日目(60番 横峰寺、61番 香園寺~64番前神寺)   2016.11.16 Wed

二晩お世話になった米長旅館を後にして

次の札所を目指す。

次の60番 横峰寺は自転車向きでは無さそうなので

まずは61番~63番を打ってから県道142号から

平野林道を上るルートで行くことに。

まずは香園寺

新興宗教か?とも思うくらいのモダンな建物。

二階の本堂がホールになっていて、そこに

本尊も大師様も祀られていた。この場合、

お勤めはそれぞれなのかまとめてなのか?

悩んだ。(結局御賽銭は両方に、お勤めは

まとめた)

次は宝寿寺。

 落ち着く…

続いて吉祥寺。

四国八十八ヶ所で唯一毘沙門天か本尊。

くぐり吉祥天女は願掛けポイント。 

63番を打ち終えて県道142号を上る。

平野林道の料金所まではそれほどきつくなく、

普通に漕いで上れたが、その後は無理。

押して上るが、距離は6km。焼山寺より短い。

ただし、道の悪さと狭さは良くない。

これが後にトラブルを引き起こす…

標高700mオーバーまで上り、分岐。

押して上っているから、どう考えてもここから

歩きルートを行くのが早い。

やっとの思いで横峰寺到着。寒い。

本堂と大師堂でお勤めをして、納経所で

御朱印をいただき、一応、歩き遍路道の

方にある仁王門を眺めた。

寒いので下山。

狭いし車がよく上ってくるし道は悪いし、の

三重苦なのでスピード控えめで慎重に下りる。

怖くて飛ばすなんて無理。

か、そんな具合で慎重に走っていても、きつい下り

なので10km/hくらいは出てしまう。

で、前に書いた路面の悪さに文字通り足をすくわれた。

前からマイクロバスがやって来たので、さらにゆっくり

道が広くなっているすれ違い場所の中ですれ違おうと

ブレーキかけながら路肩側に寄ったら、前輪がいきなり

スリップ。建て直す余裕もなく転倒。

どうやら日陰で一昨日の雨が乾いておらず、濡れ落ち葉か

苔に乗ってしまったらしい。

右側に倒れて右肩を強打。右膝を擦りむいた。

頭はヘルメットのお陰で無事で、肩と膝だけで

幸いに済んだ。

自転車はフロントキャリアから地面に当たったのか

キャリアが大破したが、後は、見た感じ大きな

ダメージ無さそう。

肩が痛くてしばらく休んでいたが、山の中で

どんどん寒くなってきているのて、前キャリアを

走れるように応急処置をして、前キャリアで

運んでいた雨具はトップチューブ固定、遍路

用品入りバッグはウエストバッグにして

何とか動けるように。右肩の痛みはひどいが

手は握れて力も入りブレーキは操作できたので

呻き声あげつつも何とか63番沿いの国道11号まで

戻ってこれた。

とりあえず、近くに宿がないのて64番方向に行き

西条駅付近とかて宿を探そうかと動き始めた。

そんな状態でも64番はお参り

 

痛さと寒さで辛く、本道はお勤めをきちんとやった

ものの、大師堂は般若心経だけで勘弁してもらい宿へ。

とにかく近くで入れる宿と言うことで安宿に飛び込む。

(部屋に風呂・シャワー無しの3150円/泊のビジネスホテル)

宿のおばちゃんから湿布をもらって、風呂の後べたべた

張り付けて、鎮痛剤飲んで少しは楽になったが、

明日は朝から整形外科に行くことに。

怪我が打ち身より悪く、短期間で回復が無理なら

残念だけど遍路行を中止して帰るしかなさそう。

現時点、続行の望み薄な気がする。

右腕がまったく上に上がらないし。

ま、身体が第一。通し打ちしたかったけど、

回復してから来年のGWとかを使って結願するか。

今日の走行距離:58.7km

(サイコンデータが消えてしまったのでG地図から概算)

総走行距離:1051.6km


閑話休題:しまなみ海道サイクリング   2016.11.15 Tue

せっかく自転車で四国に来たので、一日使って

しまなみ海道を走ってみたかった。

なので、今治で連泊をするようにしていたが、

天気がイマイチ。7:30には雨が結構降ってた。

か、回復する方向という予報を信じて出発。

尾道へはおのみちバスのサイクルエクスプレスを

利用。予約しておけば輪行袋に入れずに自転車を

積んでくれる。自転車積載の料金もかからない。

 こんな感じ。

終点である尾道の駅前で降車。

向島へは橋では渡れないので渡し船利用。

接岸時のまったく無駄のない操船に感心。

 今日は軽装。

向島は特に立ち寄るところもなく因島橋へ。

 車道の下層が自転車など

お次の因島も、途中のローソンでアイスを

買い食いして気持ちよく走り抜けた。

 生口橋

 渡る

生口島は瀬戸田レモンの産地らしい。

なので、

パティスリーオクモトさんの瀬戸田

レモンケーキ。美味でした。

イートインだと、コーヒーかココアが無料だが

できれば紅茶も置いて欲しい。ここのケーキだと

絶対に紅茶が合うのに。

次は多々羅橋。

広島県と愛媛県の県境。

渡ると大三島。

お昼過ぎて、これを逃すとまたまたお昼抜きに

なりそうだったので、道の駅 多々羅しまなみ公園で

 サイクリストの聖地らしい

立ち寄りがてら昼食に。

しかし、人は何故「まぽろしの」とかいう言葉に弱いのか。

 あまり市場に出ないマハタ

弱い自分は当然いただく。

 お造り定食

プリプリの食感がよく、美味。

値段は高いが許す。

大三島は大きい割には推奨ルートでの通過距離が

短く、あっという間に大三島橋へ。

この橋を見ると、当初は高速道路が片側二車線に

なるように設計されていたことがわかる。

渡ると伯太島。伯太の塩で有名で、伯太の塩は

知っていたがここにあるとは知らなかった。

敬意を表して伯太の塩ソフトを堪能。

伯太島もあっという間で伯太大島橋へ。

 

橋を渡るとどう見ても今後も使われなさそうな

トンネルが… このトンネル作るのに使ったお金は

どうしたのだろう? まさか、税金?

で、ついに最後の島、大島。

推奨ルートだと山越えがあるが、手元の

パンフレットだと海岸ルートは高低差が

殆んど無さそうに地図上は見えたから

海岸ルートを行くことに。

この島は大島石の産地で海岸沿いには石の集積所

などの会社が連なっていた。

其れは良いのだか、結局、島の北端で地図にない

結構な山越えがあり、結果として推奨ルートの

方が近い分だけ楽だったかも。

途中で推奨ルートに戻り、最後の来島海峡大橋へ。

渡り終えたところにあるサンライズ糸山で

ちょっとした買い物しておしまい。

夕食は、珍しく外に食べに行くことに。

 焼き鳥の山鳥さん

今治焼き鳥が食べたかっただけ。

 皮

今治焼き鳥は鉄板で焼くのが特徴。

定番とるるぶにも書いてあった皮は

かりっと揚げ焼きの状態で美味しかった。

すっかり堪能して宿に戻り本日終了。

今日の走行距離 86.56km

走行時間 4:24:47

最高速 54.9km/h 

番外なので総走行距離のカウント外

四国遍路:13日目(54番 延命寺~59番 国分寺)   2016.11.14 Mon

天気予報によると天気は下り坂。

夕方から雨とかもっと早いとか。

なので、とりあえず松山から今治までは

移動してしまい、54番から打ちつつ天気の

具合でどこまで打つかを考えることに。

宿が決まっているのは気が楽。

今回の旅で一番高級だったKKR道後ゆずきを

急ぎ後にし、そのお陰で写真撮るのを忘れたが、

今治に向けて急ぐ。

朝のニュースでは博多でかなり降ってるようす

だったから、あまり楽観視できない。

延命寺の手前4km位のところで急に大粒で振りだし、

荷物の雨カバーは何とかできたが、自分は雨具を

着る余裕もなくずぶ濡れ。少し走ってからようやく

ビルの軒先で雨がしのげる場所があったので

体勢立て直し。そうしたら小降りに…

そんなこともあってようやく到着。

 54番 延命寺 11:05到着

今治の街中に入る。

 55番 南光坊 12:00着

宿が近くだったので、荷物を預けて必要な

ものだけにして、続きを打つことに。

この時点で、また昼食を忘れることに。

雨が降ったりやんだりする中、

 56番 泰山寺 13:30到着。

 57番 栄福寺 14:10着

お寺より、住職のお住まいと思われる家が

気になった。

 デザイナーズハウス?

次の58番 仙遊寺は山の上。仁王門に自転車を置いて

登ったけど、まるで岩屋寺。

 また振りだした

急ぎ降りて雨具を着て下まで降りたら

雨がやんでた。う~ん、微妙。

雨のためかスマホのGPSの入りが悪く

ナビが使えずに難儀した。

 59番 国分寺

宿に帰る途中で本格的にまた降りだした。

何とか宿に戻って一安心。

今日の走行距離 72.28km

走行時間 3:56:22 

平均車速 18.3km

最高速 52km/h 

総走行距離 992.9km

四国遍路:12日目(46番 浄瑠璃寺~53番 圓明寺)   2016.11.13 Sun

二日間お世話になった古岩屋荘をあとにして

山越えへ。

まずは大宝寺へ向けて一山。

 朝霧

続くは三坂峠。

 意外と楽だった。

あとは下りで、浄瑠璃寺へ。

 9:30到着。

道中安全健脚祈願の仏足石で祈願

 裸足で乗らないとダメらしい

46番から51番まての札所は、徳島の1番から10番や

13番~17番までのように近い距離で連なっている。

こんなのは17番以降久しぶり。続けて打つ

 八坂寺 10:00着

 納経所前で昼寝ネコ

 西林寺 10:45到着。

 浄土寺 11:30到着。

 繁多寺 12:00到着。

すべて祈願文から回向文まで全部きちんと唱えて

いて、お寺も眺めているのだが、距離が近いから

こんなペースになる。

 石手寺 12:35到着。

ここはちょっと微妙なお寺だった。

名刹なのは確かだけど、何か俗っぽい。

信仰を広め、平和を尊ぶのはよいのだが、

これまでお参りした寺とは一線を画している。

でも、七五三とか普通のお参りの人たちで

賑わっていたので、こういう親しみやすさも

宗教は大事なのかも。

石手寺は道後温泉街のすぐ東なので、お参り

終わって今日の宿に荷物を預けることに。

まだ13:30なのでチェックインできないから

軽くなった自転車でお出かけ。

まずは、サイクルベースあさひへ行き、予備の

チューブ購入とタイヤの空気調整。

その後、何となく52、53番も打つことにした。

 太山寺 14:20到着。

ただ、ここは仁王門と本堂が信じられないくらい

離れてる。本堂が鎌倉時代建造の国宝。

続けて圓明寺。

 15:00到着。

これで松山周辺はすべて打ち終えたので

宿へ戻る。

途中、キャリアに固定していたテールランプが

落下。やれやれ、ヘッドライトは過放電でLi-ion

電池がダメになるし、テールは落ちるし、さんざん。

明日出る前に修理しないと。

宿に戻って温泉行き。

 道後温泉本館

混んでたが、一人だったので神の湯の二階

休憩つきにすぐ入れた。

 

後は、お土産買って家に発送。

今日の宿は少しだけ贅沢。

久しぶりに料理が順に出来立てで出てくる。

満足満足。

今日の走行距離 62.63km

走行時間 3:21:26

最高速 60.3km/h 

総走行距離 920.62km

四国遍路:11日目(45番 岩屋寺~44番 大寶寺)   2016.11.12 Sat

古岩屋荘に連泊となったので、今日は44、45番を

回るだけの日。まあ、中休みかな?

大寶寺から回ろうかとも思ったが、宿との間で

山越えがあるので自転車で往復はしたくない。

だって、中休みだし。

かといって、バスの時間を宿の人に聞いたら、

週末は宿前のバス停12:47に乗って、向こうを

14時過ぎに出る便が、唯一らしい。

一日たった一往復しかないバスって…

そんなわけで、午前中に岩屋寺を打つことに。

宿の事務所倉庫で預かってもらっていた愛車で

行こうとして押したら、後輪に違和感。

あ、パンクだ… 初パンク。

タイヤ外してチューブを見てみると、バルブ近くの

リム側、チューブのゴムの接合部に穴。

もしかして、昨日のエア足しが多すぎたかな?

持参のチューブと交換して修理OK。

宿のレンタサイクルがクロスバイクで仏式

バルブ対応の空気入れがあったため助かった。

気を取りなおして岩屋寺へ。

 

この辺り特有の岩壁と一体化したお寺。

下から上るのに自分でも15分はかかる急登。

車遍路のお年寄りには辛そう。

岩壁の行場もあった

  上から

紅葉も色づいていた。

お参りして宿に戻ったが、まだバスの時間まで

間があるので周辺を散策。

一瞬だけ、遍路道歩けばバスと同じくらいに

着けるかもなんて思ったが、

 やめやめ。

宿のまわりは紅葉スポットらしく、多くの

人が訪れていた。

 

バスの時間になり、大寶寺へ。

上りが結構多く、下りも多いので、これを

往復するのはやめて良かった。

で、大寶寺到着。

 

山門の巨大わらじが目を引く。

バス停から境内まで結構遠かったので

あまり時間がなかったのだが、お経は

はしょらずしっかり唱えてお参り。

納経所が混んでて若干焦ったが、まあ

帰りのバスに無事乗れた。

宿に帰ってからは明日以降の宿検討と予約。

明日は道後温泉で明後日は今治。

さすがに日曜の晩は道後温泉でも空いており、

無精して楽天トラベルで予約。

折角の道後温泉なので、少しだけ贅沢な宿にした。

さてさて、明日は松山に出る前にいきなり山越え連続。

早めに三坂峠を越えて行けるよう、朝食食べたらすぐ出発だ。

松山で予備のタイヤチューブ買うのも必須だし。

四国遍路:10日目(43番 明石寺)   2016.11.11 Fri

今日の目的地は久万高原町。

卯之町まで無理して出てきていても、距離は

かなりある。なので、早く出発しようと思ったが

まずは宿の確保から。

自転車で回るなら45番 岩屋寺を先に回るのが

セオリーらしいので、岩屋寺の側で宿探し。

まあ、選択肢はほとんどなくて、単純に

国民宿舎 古岩屋荘にした。

で、ふと気がついた。明日は土曜日。

そして、普通に行けば松山に宿泊。

嫌な予感がして松山の宿に電話しまくったが

ことごとく満室。当然、楽天とかのオンライン

予約サイトでも全滅。

日曜の夜はオンライン予約サイトで空きまくり

だったので、古岩屋荘に電話して空いてたので

連泊にして、明日のんぴり44番と45番を回り

日曜日に松山に降りることにした。

そうこうしていて、宿を出るのが遅くなった。

 お世話になりました

宿から3km弱で明石寺に。

 8:50到着。

静かな山寺。落ち着いてお参り。

晴れの天気予報だったけど、厚い雲が気になる。

さて、あとは宿まで移動か。

国道56号を走るが、自転車も重ければ足も重い。

大洲でガソリンスタンドに入ってタイヤにエア補給

これで格段に走りが軽くなった。

 大洲城と肱川

ついでに別格8番 十夜ヶ橋に立ち寄り。

弘法大師が橋の下で寝たという伝承。

その後、内子の道の駅で昼食。

もち麦うどん。色はソバみたいだがれっきとした

小麦。ちょっとコシが足りないのが残念。

後は、登りの連続。

小田-真弓峠ルートを行ったが、過去のお寺の

登り道に比べれば楽で漕ぎきった。

真弓峠を下ってからは、そんなにきつくなく

宿に到着。

まあ、登りが多くてしんどい一日だった。

今日の走行距離 89.01km

走行時間 5:06:10

総走行距離 853.73km

最高速 58km/h

四国遍路:9日目(39番 延光寺~42番 仏光寺)   2016.11.10 Thu

夕方から雨の予報も出ている、どんより曇りの日。

せっかく四万十市に来たのに沈下橋のひとつも

見ないというのはどうかと思い、市街から一番

近い佐田沈下橋に寄ってから遍路に戻ることに。

徳島でも潜水橋を渡ったが、あっちは10cmくらいの

欄干というのかがあったが、こっちは何もない。

やっぱり落ちる車とかあるのだろうか?

この寄り道で使った1時間が後で痛い目に。

国道56号を進むが、宿毛まではあまり

アップダウンもなく快適。

高知県「修行の道場」最後の札所に到着。

 延光寺 9:35着

人も少なく落ち着いてお参り、と思ったら

直後に団体さんが到着。灯明と線香を本堂、

大師堂お構いなしにあけるので一気に

ごちゃごちゃになった。よって、早々に

御朱印をいただいて退散。

宿毛の信号待ちでサイクリストさんに

出会った。ロードバイクで四国一周してる

のだそうだ。遍路ではなく純粋な自転車旅。

しばらく信号待ちの時に話ながら走ったが

愛媛の県境で写真とりたくて先に行って

いただいた。先の宿に荷物預けて足摺岬で

ダイビングの予定とか。確かに荷物が多くて

大変そうだった。

 愛媛県!

愛媛は「菩提の道場」と呼ばれるが、

まだ当面は札所間の距離が長いから大変。

何とか愛媛最初の札所に到着。

 観自在寺 11:45着。

団体さんがいないので心も周りも静かにお参り。

泊まった民宿さくらさんからのご接待でお握りを

いただいていたので、コンビニでスープ買って

おいしくいただいた。

次の龍光寺までは50km。すでに沈下橋の寄り道分も

合わせて70km近く走っていたが、43番から44番が

75km、45番へは9.5km、おまけに高原地帯で

向かう途中がほとんど登りという難関地帯なので

たどり着くのが大変そうと予想されたので

今日はできるだけ距離を稼いでおきたい。

そんなこともあって43番の明石寺近くに宿を

予約したが、これまた若干無謀だったかも。

観自在寺過ぎてからは急ではないがアップ

ダウンが連続し、体力が減っていく。

宇和島過ぎてからはずっと登り。ヘロヘロに

なりながら「宇和島で泊まるべきだったか?」

と若干後悔。

何とか龍光寺にたどり着いたら15:35。

 神仏混合

雨がぱらつき出したので、急いで仏光寺へ

 16:13到着。

自分がどうやら今日最後のお参りみたい。

出るときには雨が本格的に…

で、宿はまだ14km先。

おまけに間には歯長峠越えが待っていた。

さらに、ここまで来る途中のトンネルで

ヘッドライト点けてしばらく消し忘れてた

ことがあって、峠を下り始めようとしたら

ライトが消えた (ToT)

予備はあったが鞄のなかで雨カバーを外したく

なかったのと、まだかすかに明るさがあって

路面も見えたので仕方なくライト無しの

ニンジャ走法。

降りて少し雨が弱くなってきたので電池交換。

あすから予備電池はすぐに出せるトップチューブ

バッグに入れることにしよう。

何とか18:30頃に卯之町駅そばの富士廼屋さんに到着した。

すぐに濡れた服を脱いで風呂に入り、出てきたら夕食。

老舗の料理旅館の夕食は豪華で美味でした。

部屋で夕食食べる宿なんてかなり久しぶりの

ような気がする。

ほんとは休肝日だけど、今日の自分への

ご褒美にビール中瓶1本だけ…

明日も大変だ。

今日の走行距離 127.64km

走行時間 6:20:40

最高速 49.2km/h

総走行距離 764.7km

半分は超えたか?

四国遍路:8日目(38番 金剛福寺)   2016.11.09 Wed

さすがに朝から温泉は入らなかったが

よい宿だった「こぶしのさと」に別れを告げ

70km以上先の足摺岬を目指す。

途中、土佐の荒波を眺めたり、

四万十川の穏やかな流れを眺めたり

しながら自転車を走らすこと4時間、

足摺岬に到着。

38番 金剛福寺は足摺岬の目の前。

 

広い境内。ただ、意外とお遍路さんがいない。

時間的なものだろうか?

門前の店で食事をしたが、他に客なし。

平日だからこんなものなのかなぁ?

一応、せっかく四国の最南端まで来たので

 

一応、岬観光。

往路は半島の東側を通ったので、戻りは

西側を土佐清水経由で。これで半島一周。

39番のある宿毛に直行は時間的にも体力的

にも苦しそうなので、四万十市に宿をとって

そこまで戻ることに。

さすがに最後の方はしんどくなってきたが

16:30頃に到着した。

とっとと風呂入ってのんびり。

明日、明後日もかなりの距離を走ることに

なりそうなので、プランを考えないと。

今日の走行距離 119.31km

走行時間 5:56:14

総走行距離 637.06km

最高速 63.3m/h

↑息子よ、父は頑張ってるぞ

(頑張る必要ないところで…)

四国遍路:7日目(36番 青龍寺~37番 岩本寺)   2016.11.08 Tue

朝から天気予報通りの雨。

歩き遍路の方たちはそれでも出発してたが

とりあえず自分は様子見。

雨雲レーダーから、11時過ぎには止みそうな

雰囲気だったが、9時過ぎでも雨足は強かった。

10時前になって雨足が弱くなってきたので出発。

もちろん、雨具に雨カバーなどフル装備。

坂を下って道を入ると青龍寺到着。

 10:10到着。

雨足が再び強くなってきた上に

 石段170段…

 塔は立派。雨で眺める余裕なし

お参り終えて、雨は降るけど次の岩本寺へ。

と言っても、約60km先。「修行の道場」と

高知(土佐)が呼ばれる所以か。

西に向かってしばらく走ると、雨が収まってきた。

須崎市で家電店によって、小型安価な電動

シェーバーを購入。今回、荷物の軽量化のために

家にあった使い捨てのカミソリを持ってきたが

慎重に剃っても毎日流血の惨事… で、方針変更。

さらに先を急ぐが、土佐久礼を過ぎてから待って

いたのが七子峠に至る久礼坂。7km近い登り坂が、

急坂ではないものの、ひたすらに続く。

 何とか漕ぎきった。

峠を過ぎれば下りが多く、岩本寺へ。

 15:15到着。

本堂の天井画は昭和の新築の際に公募で選んだ

ものらしい。お寺としては面白い絵も…

おまけに、ここのご本尊は不動明王、観世音菩薩、

阿弥陀如来、薬師如来に地蔵菩薩の五尊。

お参り一回でご利益五倍、万能薬のよう。

門前で「ふわふわアイス」ののぼりが気になり食す、

 果物100%のかき氷。

自然な味が美味しかったが、寒くなった。

今日の宿は「土佐佐賀温泉こぶしのさと」

岩本寺から12kmほど先。

ご飯も美味しく、なんと言っても温泉。

夕食前と夕食後に入って満喫。

明日は足摺岬。70kmくらい先…

今日の走行距離 72.68km

走行時間 3:51:06

最高速 56km/h 

総走行距離 517.75km 

四国遍路:6日目(30番 善楽寺~35番 清滝寺)   2016.11.07 Mon

今日も晴天。

今日の必須事項はお金の引き出し。

まさか、郵便局のATMが土曜が半日、日曜が

休みとは思わず、手持ちの現金が心もとなって

しまったので最優先。

30番の善楽寺のそばに郵便局があると地図で

確認できたので、いつもより少し遅く出発して

善楽寺を打った後に立ち寄れるようにした。

 善楽寺 8:46到着。

隣の土佐神社が立派すぎてフツーに見えたが

昭和の再興だから、比べるのがあかん。

次は南に下って五台山の上の竹林寺。

 10:03到着。

今日は坂がきつい場合、押して昇るのをやめて

自転車を置いて歩き遍路道を往復することにした。

 五重塔が立派。

本尊の文殊菩薩にいつもより念入りにお経を

差し上げた。文殊の知恵に授かりたい…

さらに南に向かい、土佐湾近くの山の上が

 禅師峰寺 11:20到着。

今日のお約束で歩き。

 土佐湾の景色が一望

次の雪蹊寺に向かう途中で昼食。

この5日で学んだことは「即断即決」

もう少し先でも、と考えても先にあったためしがない。

 鰹のタタキ丼(土佐丼)

少し残して熱々の鰹出汁をかけて食べると、二度

美味しい。地元の人も食べに来てたので正解。

雪蹊寺に行く前に、折角なので桂浜に寄り道。

 有名な龍馬像 

前で売ってた高知名物アイスクリンと共に(笑)

 桂浜ぜよ

さて、本題に戻り、33番の雪蹊寺。

 13:55到着。

ここを出るときに、同じタイミングでお参りに

来ていた地元のおばあさんから「自転車大変やね。

これご接待。お茶でも飲んで」とポチ袋をいただいた。

四国の人に遍路が根づいているのを感じた。

ご接待については後日書いてみたい。

次は種間寺。

 14:45到着。

バス遍路の団体さんと当時に到着。

お参りしてたらもう一団体さんが到着。

お参り終えて自分が納経所に行くと、

ツアコンさんが団体の納経帳を束で出してて

えらいことに。もう一人ヘルプが入って

朱印をいただいたが、慌ててたのか墨が薄く

滲んでしまっていた。書き直しも出来ず、

もしも二度目を回ることがあっても納経帳は

使い回す一生モノなのだから、これはどうかと

思うなあ。かなり残念。

若干気落ちしつつ、次の清滝寺へ。

ここもまたまた山の上。また遍路道を歩く。

 16:00到着。

歩きの人しか通れない仁王門。

屋根より高い薬師如来像は胎内巡りができるが

見たら暗いわ狭いわで大変そうなのでやめた。

歩いて降りたらもう時間がなくなったので、

宿に向かうことに。

今日の宿は国民宿舎 土佐。

36番を過ぎた丘の上。行くには、横浪黒潮

スカイラインの最初の9%勾配をのぼらないと

いけないが、自転車を置いて行くことはできない

ので、ヘロヘロになりながら上りきった。

まあ、お陰で眺望は良く、露天風呂から眺める

土佐湾一望は上った甲斐があった、かな?

今日の走行距離 57.81km

走行時間 3:17:38

総走行距離 445.07km

四国遍路:5日目(26番 金剛頂寺~29晩 国分寺)   2016.11.06 Sun

日曜日なんて関係なく、早起きして出発。

竹の井さん、大きなコップ一杯の地酒が

300円だった。それならもう一杯いただけば

よかった(笑)

今日の最初のお参りは26番の金剛頂寺。

上まで自転車でいかない方が楽そうなので

途中で自転車を置いて遍路道を歩いた。

 まだ良いところでこんなの

 600mほど歩いて8:00到着。

一粒万倍の釜なんてものもあり、さすがに大師さまは

奇跡起こしまくり。別の宗教なら聖人間違いない。

さてさて、今日は札所が離れているので次へ。

27番の神峯寺は30kmくらい離れているのでこ

国道55号線をひたすらに進む。 昨日より

アップダウンがすくないので楽だが…

たが、神峯寺は山の上。

途中までは押して上ったが、九丁公園で断念。

最後の1km弱は焼山寺や鶴林寺よりも厳しい。

 11:08到着。

しかし、

 本堂へは長い階段…

やっぱり修行なんだなぁと痛感。特に足が。

下りは当然ご褒美タイム。

国道55号に戻ってきてから、またひたすらに

高知方面へこぎ続ける。

安芸の街を抜けるときに「しらす丼」ののぼりが

目に入ったので、どこか食べれないかと探して

いたら、あった。

 安芸水産の安芸しらす食堂

タイガースのキャンプが来ていて虎ファンで一杯

だったが、しらす丼弁当はすぐに買えた。

柚子ポン酢だと思うが、さっばりして美味。

満足して動き始めたら、自転車道をみつけた。

安芸高知自転車道らしい。

すごく快適な道。歩き遍路にもおすすめ。

この道でしばらく快適に進んだが、終点の

香南市の整備がイマイチで、よくわからない看板て

「自転車道こっち」と国道に出しておしまい。

最初に絶賛してたのに。

まあ、その時には海岸線を離れて大日寺に向かう

所なので良いと言えばそれまでだが。

28番の大日寺は、行く道に案内があまりない。

仕方なくナビ登場。ナビのお陰で到着。

 14:55到着。

ここも、短いが急で登りがキツかった。

次の国分寺までは10km少々

間に合いそうなので向かった。

29番 国分寺、16:03到着。

その後、高知駅前のホテルにチェックイン。

夕食は少し贅沢に

鰹のタタキ、地ガキ

美味でした。

今日の走行距離 94.9km

走行時間 5:07:48

最高速 59.9km/h またやってしまった

総走行距離 387.26km

四国遍路:4日目(23番 薬王寺~25番 津照寺)   2016.11.05 Sat

朝6:30に朝食をとって、支度して出発。

うみがめ荘らしく、駐車場隣接の水槽で

ウミガメ達がお見送り。

23番の薬王寺は宿から5分ほど。

右上の塔が特徴的。ライトアップもあるらしい。

お参り後、そばのサークルKでサイコンの電池購入。

高かった… サイコンのトラブルの原因が解らないので

とりあえず電池を新品にしてみたが、後から実は

違う原因と分かったので、ちと無駄遣いだった。

薬王寺参りのあとは、ひたすらに国道55号を南下し

室戸まで行くのが今日の計画。

途中、鯖大師に立ち寄ったりしながら高知入り。

 10:45通過

その後も、向かい風に悩まされながら南下。

途中、東洋町で「こけら寿司」の登りを見かけて

立ち寄り。こけら寿司はここの郷土料理で、

焼き鯖と柚子酢で旨味がありながらさっばりした

風味の押し寿司。

 美味だった。

その後も漕いで、室戸岬到着。

24番の最御崎寺は、国道から曲がってよくある

急坂。まあ、焼山寺や鶴林寺に比べれば楽勝。

恋人たちの聖地の看板に地球ロックして、

 最御崎寺 14:00着。

ついでに、「恋人たちの聖地」室戸の灯台も見物。

 

誰もおらん。

で、登りがあれば下りはごほうびタイム。

さくっと25番の照津寺に到着。

 

階段辛い…

足が終わったので、26番は行かずに宿へ。

今日の宿は「室戸の宿 竹の井」さん。

夕食が美味で、思わず地酒の冷やもいただいた。

写真忘れた… せっかく四国にいるので、食も

楽しまなきゃ、と煩悩は消えず(笑)

いや、その土地の美味しいものをいただくのは

その土地への礼儀と思えば、コンビニ弁当なんか

食べたら失礼、と言うことで。

今日の走行距離 85.5km

走行時間 4:37

最高速 57.6km/h またやっちゃった…

総走行距離 292.36km


四国遍路:3日目(18番 恩山寺~22番 平等寺)   2016.11.04 Fri

早起きが定着してきたのか6時のアラームの

前に目が覚める。6:30に朝食を食べ、出発の

支度をして、宿を発ったのが7:25。

徳島市の郊外を県道208、203号を抜けて

国道55号を南下。

8:25に18番の恩山寺到着。

これから、札所の距離が長い場合も多い。

19番 立江寺は近いが4.5km

 9:05着

次が難関、鶴林寺。

昨日の焼山寺のルートよりやや短いか、

路面は悪いわ、斜度は急だわ、別の辛さが

あった。

約1時間かかって上りきり11:12到着。

山門を抜けると本道の前に階段…

 追い討ちか?

本堂でのお参りして、降りてきて大師堂の

お参りと納経帳に記入を終えてから、本堂

横に立派な塔があるのに気づいてまた昇る…

 自業自得

下りはごほうびタイム、のはずだったが

路面が悪くて速度が出せない(T-T)

まあ、それでも登るのに比べたら楽チン。

次の大龍寺に向かう途中でサイコンの具合が

悪くなった。10分ほどいろいろ調整したら

動き出したので、ロープウェー乗り場へ。

そう、大龍寺は昔は車でも行けない難所

だったらしいが、今はロープウェーで10分で

鶴林寺と同じくらいの高さまで上がれる。

たた、サイコンのトラブルのお陰で、切符売り場

についたまさにその時、ロープウェー発車。

次の乗車時間まで15分ほど。自転車持参なので

迷惑にならないよう並んでおいて最初に乗らないと

いけないから、非常食カロリーメイトをかじって

昼食終了。

 結構大型。

 相棒と乗り込む

 ヤッホー、約10分で到着。

 13:10到着。

大龍寺は、西の高野山と言われており、

高野山の造りを模しているとか。

確かに、学生の頃にツーリングで高野山に

寄った時の雰囲気と似てるかも。

他の札所にもまして清櫃な感じがする。

お参り終えて、今日の宿探し。

思った以上に順調なので、一気に23番の

近くの日和佐まで行こうと思い、四国遍路

同行二人(地図編)の宿リストにかけたが

6連敗。意外にも、団体客で埋まりそうな

国民宿舎うみがめ荘に最後にかけたら

あっけなく予約できた。

安心して、大龍寺の歩き遍路道を下るが、

出だしの急斜度、道の荒れ具合、酷道と呼ぶに

値する。(国道じゃないけど)

止まって写真なんて余裕がなかった…

なんとか降りて、32番 平等寺に行く途中、

またもサイコンが死亡。どうにも動かないから

あきらめた。

 平等寺 14:58着。

田舎のお寺さんという感じの雰囲気。

ノンビリした空気がいい感じ。

あとは、ヘロヘロ気味で20kmほど走って

今日の宿うみがめ荘に16:45到着。

目の前の砂浜がウミガメの産卵地になっているらしい。

さて、明日の計画を考えないと。

今日の走行距離 79.66kmくらい

最高速 56.3km/h また、やってしまった…

総走行距離 206.86km

四国遍路:2日目(12番 焼山寺~17番 井戸寺)   2016.11.03 Thu

今日は最初の難所、焼山寺から。

昨日、藤井寺まで打てたので、少しだけノンビリ

7:45に宿を出発。

焼山寺へのルートは

1)歩き遍路の山越えルート:自転車は無理

2)県道43号または県道31号の山越え

3)童学寺経由の迂回ルート

先人のブログから、2もかなりしんどいと

知っていたので距離は一番長くても

迷わず3のルートを選択。

神山町を抜けるまではそれなりに順調。

軽い登りが続くのでペースは良くないが、まあ

余裕。県道43号に入って勾配がきつくなったが

何とか漕いでいたけど、43号から別れて少し

したら、勾配がかなりキツくて、荷物の重さで

バランスも取りにくいので押して歩くことに。

その距離、約9kmのこんな道。

 疲れてピンぼけ

杖杉庵を10:15通過。

焼山寺の参道下に着いたのが10:55。

歩き遍路の道だと杖杉庵から焼山寺は1.8km

らしいが、車道は明らかに倍以上ある…

更に階段を上ってようやく到着。

 

疲れただけに、感慨もひとしお。

下りはご褒美(笑)

県道43号との分岐まで9kmを9分。

更に国道438号に入るまで3.5kmを

5分と、楽しくダウンヒル。

大師さま、ありがとうございます。

ちなみに、サイコンに記録の最高速は

60.7km/h(笑) もうやりません…

13:10に今日の宿、13番のすくそばの名西旅館着。

お参りに必要な荷物以外を預けた。

で、今日は昼食を食べ損ねないよう、13番の隣の

心炉さんで昼食。セットがお得でボリュームも

あって美味だった。

店の隣が13番の大日寺。13:40着。

 14番 常楽寺 14:15着

自然石がむき出しの境内は疲れた足にさらに疲れを…

 15番 国分寺 14:45着

 16番 観音寺 15:20着

住宅地の中。何故か納経所が混んでた。

まあ、待つのも修行。

 17番 井戸寺 16:05着

これで徳島市の札所はおしまい。

明日は徳島市街を通らずに18番の恩山寺に直行だ。

徳島土産は一周してきて和歌山にわたる前に一泊して

買うことにしよう。徳島ラーメンも食べてないし。

今日の走行距離 77.41km+アルファ

走行と歩行時間 4:32:10+アルファ

また途中でサイコンが止まってた。

徳島は路肩の舗装がかなり荒れている道が

多いので、振動と衝撃でやられるみたい…

四国遍路:1日目(1番 霊山寺~11番 藤井寺)   2016.11.02 Wed

バスは3:30ごろに鳴門のバスステーションに到着。

と言っても、下車するまでしばらく車内で仮眠。

5:45に下車となり愛車の組み立て開始。

のんびり組み立てて、

隣接のローソンで買った朝食を食べてから出発したのが6:55。

霊山寺に着いたのが7:25。

さて、いよいよ初めてのお参り。

白衣に身を包んでたどたどしく読経。

納虚経帳に記入してもらい、なんとか参拝完了。

一回通しでやってみると何となく分かったような

感じがしてきて、次々打っていく。

極楽寺 8:20着。

金泉寺 8:55着。

地蔵寺 9:43着。

順序間違えて5番に(笑)。

大日寺 10:20着。坂の上。

安楽寺 11:05着。温泉いいなあ。

十楽寺 11:42着。

熊谷寺 12:25着。山の中腹。

法輪寺 13:03着。一気に下って楽チン。

切幡寺 13:50着。坂の斜度がきつい。山門の奥に

駐車場があったので山門の写真忘れた。

追い討ちするように333段の階段…

また時間があるので11番の藤井寺も打つことにした。

途中、吉野川の潜水橋を通って記念撮影。

つまなら絶対に通らないだろうな…

藤井寺に行くのに歩き遍路の道を走ってたら、

寺の手前の300mが急な登りだわ、最後は

未舗装山道の急な下りだわ、失敗。

弘法様の試練かな。

藤井寺 15:20着。

鴨島駅そばの宿についたのは16時ちょっと。

お参りも慣れてきて、境内を見て回っても

平らなら20分くらい。切幡寺は倍かかったけど。

おまけに札所間の距離が数キロと短いので

初日にこれだけ打てたが、この先はまず無理。

ただ、早打ちの代償が食事。

そう、結局、朝から口にしたのはローソンで買った

惣菜パンと水500mlだけ。

腹へってアンパンマンの幻が見えそうだった。

とっとと部屋でシャワー浴びて、早くからやってた

中華料理屋さんで食べて生き返った。

あとはのんびりLINEしたりブログ書いたり。

昨日あまり寝てないし、早く寝ようっと。

今日の走行距離 49.8km

走行時間 2時間38分

途中、3番の金泉寺の後、サイコンの不作動で

距離と時間が加算されなかったけど、ま、誤差範囲?

四国遍路:いざ、四国へ   2016.11.01 Tue

今日から会社は休み。

だけど、夜光バスで行くので昼間は最後の準備。

お寺での賽銭などのため銀行で小銭へ両替。

まあ、ほとんど準備は終わっていてやること

無いので、昼御飯にラーメン食べて帰ってきたら

暇になった(笑)

仕方なく庭の落ち葉拾いしたりして暇潰し。

夕食食べて風呂入って、いざ出発。

名古屋駅まで輪行袋抱えて移動。

そこから琴平バスに乗車。

あまりに時間ぴったりに着きすぎて飲み物買う

暇もなかった(ToT) ま、仕方ないか。

さて、寝ないと。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (371)
お出かけ (137)
健康 (46)
デジ物 (67)
車 (45)
食 (82)
酒 (9)
家 (13)
ファイナンス (15)
自転車 (8)
お遍路 (30)
買い物 (1)
謎解き (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR