2017/10

子供たちの初スキー   2013.01.26 Sat

子供たちが通っている水泳教室でスキー教室の案内があった。
#去年の11月だか12月くらいだったかな?

やらないかも?と思いつつ、子供たちに「行く?」と尋ねると
二人とも「行きたい」とのこと。

別に親が着いて行く必要もなく、基本は子供たちだけで参加
みたいな感じだが、スクール無しのフリー滑走というのも
あったし、次の週の金曜日からニセコ極悪スキーツアーだったので
足慣らしを兼ねて、子供の初スキー見物がてら参加することに。

で、今日はその当日。

集合は朝6:15… (*_*; 眠い…
昨今の疲れが溜まってる状況で5時起きは、辛い…

バスに乗って動き始めたのが7:00。速攻で睡眠 (-_-) Zzz...
寝てるうちに、天気は大雪。途中のサービスエリアはボタ雪。

天候不順で駒ヶ根高原スキー場到着。

ここ、まあ、いわゆるファミリー向けゲレンデ。
コースは2つ、中・上級者用コースと、初級者コース。

うちの二人含めて、スキー初めてという子供たちが大多数なので、
レンタルのリアエントリブーツの履き方を知らない子がほとんど。
息子・娘が履くのを手伝ったついでに、他の子のブーツも履かせて
あげたりして。

IMG_0151s.jpg
さて、スクール。

午前中は本当に基礎の基礎の基礎なので、適当に中上級者コースを
流しながら、時々スクール眺めてた。

昼食の後、午後の部。
まあ、例によって子供たちのブーツの世話の手伝いしたりして開始。

講師の先生の判断で、リフトではなく短い初心者用ベルトスロープを
使って、初心者コースの下の方でレッスンを回すことに。

まあ、確かに板履いて歩くのがままならない、プルークもできない
レベルでリフト乗るのは、いくらゲレンデが緩くても無謀。
リフト止めまくりになる可能性大。そこは正しい判断だと思う。

ただ、ベルトスロープ自体が非常に遅いこと、乗る前と降りた後に
板を脱ぎ履きすることによる時間のロスが大きかったのはちょっと痛い。

今日の雪はブーツ底にくっつきやすく、かつ凍りつきやすいみたいで
うちの子供だけでなく他の子も苦労してた。

何となく、板を履くのを手伝ったり、階段登行ができない子供に
「斜面の上じゃなくて横見るよ〜」なんて声かけたり、「トイレ〜」
なんて言う子をトイレに連れて行ったりしているうち、

「センセ〜」

なんて呼ばれるように(笑) 違うって (^_^;)

笑ったのは、「センセ〜、いつから来たの?」という質問。
そりゃ、そうだよね。朝の集合時に紹介された先生は3人。
気がつけば一人増えて、教えたり手伝ったりしてくれてるんだから
不思議だよね(笑)

なので、午後は中上級コースで時折滑りつつ、ほとんど初級者コースで
お手伝いしてたかなぁ?

ま、子供の様子も見れたし、2週間前の捻挫の治り具合も確認できたし、
一応、目的は果たしてるので問題なし。

さてさて、明日はニセコ行きのスキー宅急便の集荷があるから、準備しなきゃ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/167-14d9b857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

袋ラーメン戦争? «  | BLOG TOP |  » 麺づくし

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (372)
お出かけ (137)
健康 (55)
デジ物 (68)
車 (46)
食 (82)
酒 (9)
家 (13)
ファイナンス (15)
自転車 (9)
お遍路 (30)
買い物 (1)
謎解き (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR