2017/08

基準って?   2012.04.30 Mon

関越道でのツアーバス事故。

ツアー会社の社長は「安全管理はバス会社」、バス会社の社長は
「国交省の基準は満たしている」と。

こんな状況では、事故は起こるべくして起こったのだと思う。

運行委託元のツアー会社、安さと競争を売りにしていれば、安く
運行してくれるバス会社を当然使うはずだが、バスの購入費や
維持費、人件費などは中小のバス会社では大手のような効率化は
難しくなるので、結局手を付けられるのは人件費。
要するに、ドライバーに頑張ってもらう体制にするしかない。
そういう状況が想像できるのに、安価で委託するのは未必の故意が
成立すると思う。

で、バス会社。
そもそも、国の基準が安全を完全に保証するなんて誰が言った?
基準は最低限守るべき基準でしかなく、これを守れば安全なんて
基準じゃありえない。
それを事故を起こした後に「国の基準を守っていた」などというのは
安全意識が完全に欠落した証拠…

日本人は、何だか国が基準を決めると「お上が決めたものだから
これを守ればOK」みたいな風潮があるが、放射能にせよ今回のバスの
運行基準にせよ、基準があっても事故は起こって被害は出る。

本当に大事なのは、基準その物がリーズナブルなのかを判断することと、
基準は基本的に最低限のものでしかないということを理解することだと
思う。

そう思うと、「基準を満たせばOK」ではなくて「基準は満たしたが、
安全のためには何をしたらいいか」というもう少し頭を使った話に
なるはず。

もう一方で、安さ重視っていうのもどうかと…
今の日本では、安さと安全が天秤にかけられている気がする。
それも自由の一つなので別に問題があるとは言わないが、安い場合は
安全も低いというリスクを考えて選ぶべきなんじゃないだろうか?

今の報道には、こうした視点が欠けてる。大丈夫かな?
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/34-18999b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワインはやっぱり «  | BLOG TOP |  » 新型うつと5月病

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (361)
お出かけ (137)
健康 (46)
デジ物 (67)
車 (45)
食 (80)
酒 (9)
家 (13)
ファイナンス (15)
自転車 (6)
お遍路 (29)
買い物 (1)
謎解き (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR