2017/06

「ドラえもん STAND BY ME」、泣けるのか?   2014.08.31 Sun

子供の夏休み最終日。

つまは24時間テレビのチャリティーイベントに娘が行きたいと
いうのでお出かけ。

息子は「ドラえもん STAND BY ME」を映画で観たいとのこと。
優待券があるので、自分が息子を映画に連れて行く事になった。

息子の希望は、「STAND BY ME ドラえもん」
観てみた。

泣けるんか、これ?

既知のエピソードを繋げているだけのような気がする。
少しアレンジはあったけど、別に目新しいものはない。

目を引いたのは、14年後の未来の街。
普通、14年くらいで街がガラッと変わってしまうことはない。
ドラえもんのもともとの時代、つまり自分が子供の昭和の時代から
大人になっても、車はタイヤで地面を走っていて、浮上式なんて
車はないし、街並みもそんなに変化がないのが現実。

それこそエヴァじゃないけど、ファーストインパクトでも来てそれまでの
街が完全に変わってしまったのかと思った。そう、それくらい、のび太の
街は信じられないくらい変貌している。

のび太の家はなく公園に。(あれ、のび太のパパとママは
どうなったんだ?)、車は全て浮上式だし、でものび太(成長後)が
乗っていた乗り物はトヨタ製? 街並みにもPanasonicとか
TOYOTAとかが目立ってたし。一気にげんなり。

ありえない変貌の中に今の現実の企業が出てくるというギャップ、
なんだかなぁ…

そこで白けてしまったので、もう、その後のストーリーなんてどうでも
良くなってしまった。

ま、実際、ドラえもんの原作にある話がそのままなので、別に
改めて感動するわけもなく。「あ、やっぱりこれがでてくるのね」と
言った具合で追認するだけ。一通りドラえもんを読んでいる自分には
正直言うと面白くはなかった。

コマーシャルで「泣ける」とタレントや某大企業の社長とかが言っていたが、
本当か? 原作読んでないなら納得するけど、原作を一通りよんでたら、
「ああ、映像化したのね」ってなるだけのように思えた。

ただ、長年疑問だった「ドラえもんの体の表面感はどうなっているのか」と
いう点では解決できた。原作観てると、つるつるなのかどうか分からないが、
どうやらこの映画を見る限りでは、フェルト的な感じみたい。
ネコ型という事もあって、実は短毛が生えているのかと思ったが、
そうでもない模様。

なろほど。

おまけに、エンドロールでNG集を入れるやり方、香港映画のパクリ?
全てが架空のアニメでこの手法やる意味あるの?

何、もしかして、観客の感動のためにみんな演技してたの?
あの、多分、皆の感動を呼んだシーンもすべて演技???
なんて思えてしまう。

NG集は、真剣にやっている俳優がやっちゃっているから笑いを
誘うのであって、すべてフィクションのアニメで入れるのは全く
意味がない。むしろ、架空の世界ながらストーリーに思いを入れた
観客を愚弄する行為でしかないのではないだろうか?

正直言って原作を一通り読んでる人間からすると、愚作。
藤子F不二雄さんへのオマージュとして、生誕80周年記念作品として、
良かったのか、結構疑問。

少数意見だと思うが…
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/429-83a95ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いろいろトライ中 «  | BLOG TOP |  » ある土曜日の食事

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (354)
お出かけ (142)
健康 (43)
デジ物 (67)
車 (45)
食 (78)
酒 (9)
家 (12)
ファイナンス (15)
自転車 (5)
お遍路 (28)
買い物 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR