2017/08

シャーロックホームズ(ハリウッド版)は…   2012.06.18 Mon

3月頃にTVで放映された映画「シャーロック・ホームズ」を見た。
#HDDに録画して塩漬けになってた(笑)

ベルギーにいる時に上映されたものなので、映画のポスターとかは
街で見かけたが、ロバート・ダウニーJr.のホームズも、ジュード・ロウの
Dr.ワトスンも、ちょっとイメージに合わない感じだった…

観てみると、案の定、イメージに合わない(苦笑)

やはり、ホームズの映像化で最高なのは英国グラナダTVが制作し、NHKで
放映された「シャーロックホームズの冒険」だろう。

子供の頃、シャーロックホームズ全集を読んだ時には、鹿討帽に
インパネスコートの挿絵でホームズをイメージしていたが、実際は
本文の描写はそういう服装をしていない。

で、このジェレミー・ブレッド演ずるホームズを見た時には、ちょっと
感動した。で、放映分はすべて見た。(ビデオにも残した)

ホームズの雰囲気だけでなく、時代考証やセットなどが絶妙だった。

しかし、この映画は…

・結構抜けた感じのホームズ。でも肉体派。
・肉体派のワトスン。医者か、それともガンマンか格闘家か?
・アクションシーン満点… あれ、推理小説じゃ?

とまぁ、コナン・ドイルに失礼なんじゃない?
すっかり、ハリウッドの肉体格闘映画に成り下がってるし。

おまけに、「ボヘミアの醜聞」の知的なアイリーン・アドラーも
国際スパイになってる。なんで?

あれ、よく考えるともしかして、この映画の原作はルパンⅢ世?

ルパン=ホームズ 明晰な頭脳、ちょっとおとぼけ
ワトスン=次元  冷静な相棒。銃の腕と格闘は得意
アイリーン=峰不二子 主役を手玉に取る女。

そう考えると、なんとなく納得できそう。

まあ、この間の宇宙戦艦ヤマトよりはマシかも。
このシャーロック・ホームズは人物の名前だけを使ったオリジナルと
思えば許せる範囲。
ヤマトは設定まで使って、それも切れ切れに都合のいいように作り替えた
のが許しがたい。ガミラスと彗星帝国を一緒にするとは…
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/60-55edd1f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

つまらん… «  | BLOG TOP |  » 旅立ち

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (361)
お出かけ (137)
健康 (46)
デジ物 (67)
車 (45)
食 (80)
酒 (9)
家 (13)
ファイナンス (15)
自転車 (6)
お遍路 (29)
買い物 (1)
謎解き (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR