2017/05

鎖骨骨折:Before - After   2016.11.26 Sat

水曜日に退院してから3日経過。
仕事も元々今月一杯が自己研鑽で休みの予定だったから
療養のため休みで暇。
右手があまり上がらない状態なので、車の運転もできないから
自由に出かけることもできず、近所を散歩するか家にいるか
しかできない。

そんな中でいくつか気付いたところもあったので、今回の骨折の
状況をまとめてみようかと思う。

まずは折れ具合。転倒の翌日に西条市の松本整形で撮った
レントゲン画像。
broken x-ray 
右鎖骨の遠位端がポッキリ折れて変位も大きかった。
これを見る限りだと、遠位端にある腱は切れてなかったか?
確かにこれ見ると「よく一晩我慢したね」と言いたくなるかも。
おかげで、西島秀俊並みに肩がなで肩になってた。

で、手術後。
sSCN_0001.jpg 
折れた鎖骨を金属プレートとボルトで接合。
肩がまともな高さに戻った。

退院後、風呂に入りやすいように防水のワンタッチパッドに
傷あてを交換したが、昨日の風呂後にかぶれ防止のため
一旦剥がして傷口のチェックもしつつ普通の滅菌ガーゼ+
サージカルテープでの固定に変更。
微量の出血痕はあったが、特に化膿とかはなさそう。
今日の風呂前に再び防水パッドに変えたが、出血無しなので
傷口は順調に塞がっている様子。

問題は関節と筋肉の拘縮と、周りのコリ。
右手をここ10日くらい使わなかったら、明らかに上腕の
筋肉が落ちた。自転車で走っていた時は上腕二頭筋が
それなりになってきていたのに、今は左と右で各段の差が。
あと、折れてた時から手術後に三角巾で固定されていた間、
右手を体の前で支えるような姿勢にずっとなっていたので
右肩の可動範囲が格段に狭まってしまった。
昨日くらいから、負荷のかからない範囲で右腕を動かすように
し始めたら、右手で箸使って食事ができるくらいに軽く腕が
上がるようになった。プレートでとめてるので無理はできないが、
軽くほぐすようなことはリハビリとして必要かも。

今、一番の悩みは首・肩・背中のコリ。
一応、家から出かけるときとか就寝時は腕を吊るようにしているが、
このおかげで首、肩、背中がコって仕方がない。
傷口の痛みはロキソニンで取れるが、コリの痛みはロキソニンじゃ
どうにもならないのでほぐすしかない。

健常時ならオフィスストレッチとかで肩を動かしてどうにかできるが、
今は肩が動かないのでそんなのもできない。
正直、これが今一番つらい。

この右側のコリが影響しているのか、右の股関節まで痛くなってきた。
先週の転倒直後に確かに右足の付け根に痛みがあったが、それほど
ではなく、帰宅から入院の間は無視できるくらいだったもの。
昨日くらいから、ちょっとひどくなってきた感じがするが、右側の
歪みによる痛みが股関節にも来たと考えるのが自然か?

ま、リハビリ兼ねたストレッチをするしかないような気がする。
やれやれ、簡単には「全快」みたいになりそうにないなぁ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/699-36ec1511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

休みももうすぐ終わり «  | BLOG TOP |  » 鎖骨骨折:退院

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (348)
お出かけ (137)
健康 (43)
デジ物 (66)
車 (45)
食 (76)
酒 (8)
家 (12)
ファイナンス (15)
自転車 (5)
お遍路 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR