2017/09

鎖骨骨折:抜糸   2016.12.01 Thu

今日で手術後10日。
ちょうど主治医の先生が外来当番の日でもあったこともあり
退院時に予約オーダーが入っていたので検査と抜糸のため病院へ。

三角巾で腕吊ったいつものスタイルで行き、まずはX線撮影。
技師の人が「上、脱げますかね~」とえらく気を遣ってくれて
ちょっと申し訳なかった。すみません、服の脱ぎ着くらいなら
普通にできるくらいには腕が動くんです…

撮影後に整形外科のフロアに行って順番待ち。
呼ばれて通されたのは診察室ではなくて処置室。
抜糸するならそうか。

X線撮影の結果、特に骨の固定は問題なく、当然ながらまだ全然
くっついていないらしい。こうしてある程度動かせるのは金属
プレートとボルトのおかげという事で…

肩の手術の傷はくっついていて、抜糸は問題なし。
どうも最近は傷口ケアとして、抜糸後もしばらくの間は肌色のサージカル
テープで傷口保護を行い、傷跡を目立たなくするのを行うらしい。
(傷跡が開いてきて太くなったり、紫外線に当たって変色するのを防ぐのが
目的だとか)

確かに、大学の時に太ももをスキーのエッジで切って7針縫ったことが
あったけど、その時はそんな話が何もなかったので抜糸後にそのままに
しておいたら最初は細い線だった傷跡がだんだん太くなってきて、
今でも残ってるものなぁ。→さっそく指定のテープを薬局で購入。

一応、最近の状況を聞かれて「朝とか晩に定期的にまだ痛みます」と
言ったけど、鎮痛剤はもらえなかった(泣)
手術の後も退院前までの4錠しかロキソニン処方してくれなかったし。
あまり鎮痛剤の処方が好きじゃないのだろうか?

ま、なるべく自分も飲まずに済ませられる痛みなら鎮痛剤なしで
済ませたいのだが… 良くはないけど家にはつまや子供が風邪とかの
時に解熱剤として処方されたロキソニン60mgの在庫があるので
それを必要最小限服用してしのぐことにしよう。

あとは、次回2週間後に再度診察。そこで骨のつき具合が問題なければ
リハビリ開始となるが、今の大病院は外来リハビリはやってないので
地域の整形外科に転院してリハビリをすることになるとのこと。
ま、徒歩圏内にそこそこ立派な整形外科があるからそこに通うのかな。

退院から言われている手握りの運動に加えて、肩の拘縮を防ぐための
腕振り子運動をやるようにとの指示もあったので、安心して開始。

鎖骨の内位側骨折で保存療法を取っていたり、遠位端でも固定方式が
プレート+ボルトでなく針金なら1か月は腕が動かせずにその分拘縮が
進んでしまうところだが、術後10日くらいから腕振り子のリハビリが
開始できるのはありがたい。

一応、明日から出社ということで診断書ももらったので、この暇な
静養生活から予定通り解放される。当初の休暇予定+1日のみの休みで
職場復帰できてよかった。

さ、早く寝よっと。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/701-a3943e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりの出勤 «  | BLOG TOP |  » 休みももうすぐ終わり

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (371)
お出かけ (137)
健康 (46)
デジ物 (67)
車 (45)
食 (82)
酒 (9)
家 (13)
ファイナンス (15)
自転車 (8)
お遍路 (30)
買い物 (1)
謎解き (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR