2017/10

四国遍路:自転車遍路の振り返り その3~自転車の装備編   2017.06.02 Fri

ゼロからの準備なので、自転車関係の購入が多かったので、それも
ついでだから書いておこうと思う。

自転車
ママチャリで回る方もいるようだし、折り畳み自転車で回っている
人にも何人か出会ったが、荷物を積むことも考えるとクロスバイクを
選択したのは良かったと思う。
GIANT ESCAPE RX3 (2017)は車体も比較的軽く、タイヤも700x28cと
適当な太さで純正タイヤは耐パンク性に優れていた。
27段変速は高速走行から山登りまで対応してくれて、サイクリング
初心者の自分にはありがたかった。
11月は無改造だったので、ハンドルが長く安定感はあるが坂道での漕ぎ
あげが辛かった。2回目はエンドバー付きグリップに交換+ハンドル
左右40mm切断でちょうどよいポジションとなり、坂上りがかなり
楽になった。 エンドバーはおすすめ。
ERGONのは高いので、Amazonで1000円くらい物のを買ったけど
かなり具合が良かったから正解。

フロントキャリア
遍路用品一式を入れたバッグを載せるのに必須。
1回目はAmazonで\1000くらいの安物買ったら、軽かったけど振動で
疲労破壊し1000km程度で壊れた。その後、タイラップで固定していたが、
転倒のショックで全てのろう付けが外れて終了。
2回目用で買った奴は、Amazonでも、もう少し値段が高く、重さも重いが
頑丈で問題なかった。買うならしっかりした物が良い。

リアキャリア+バッグ
IBERAのRakPakのキャリアIB-RA11とリアバッグIB-BA11を利用。
IB-BA11は17Lの容量があり、3泊分くらいの着替えと必要な諸々を積むには
十分。ワンタッチで着脱できるバッグは便利だった。
キャリアの安定性という意味では、IB-RA11のようなシートポストキャリア
よりも、IB-RA4のようなツーリングキャリアの方がロングツーリングには
良いかもしれない。
シートポストキャリアは荷物が軽ければすっきりした見た目で良いが、
荷物が重かったり、停めるときに壁に立てかけたりするとどうしても
左右に角度がずれてしまうのが難点。固定の締め方の工夫で後半戦は
あまり気にならなかったからよいけど。

輪行バッグ
MARUTOの横型輪行バッグ。2754円と安かった。ボトルホルダーに
収めるにはちょっとだけ太い気もしたが、チェーンカバーやスプロケット
カバーなども一緒に入れても何とか収まった。。
縦型の方が袋にバイクを収めたサイズがコンパクトになる気はするが
エンドバーとかがいらないのは楽。
ただ、このバッグはクロスバイクのハンドル幅だと入らないので、
ハンドルを外して収める必要あり。まあ、その方が宅急便が若干
安く済むような気がするけど。

トップチューブバッグ+サドルバッグ
必需品。スマホをナビにして使う場合に備えて、スマホ収納型の
トップチューブバッグを使っていた。
前回書いた通り紙地図をメインでは動いていたが、時々はスマホを
ナビにして走ることもあったので役に立った。
サドルバッグは工具や予備チューブなどを入れるので、ロング
ツーリングでは必須だと思う。

地図入れ
今回の遍路では「快速へんろ」のサイトで公開されている地図を
A5サイズで印刷して、100均のA5サイズ クリアバッグ+ベルクロ+
コード束ねクリップで作ったマップホルダーに入れていった。
これは非常に役に立った。このおかげで、スマホのナビはあくまで
非常用として備えておいて、ほとんどの場合は紙地図を見ながら
進むことができた。お勧め。

灯火類
ヘッドライトはAmazonで18650 Li電池対応のCREE T6 LEDの
明るい懐中電灯を使用。明るくて良かったけど、付属の18650
電池が過放電一発で死んでしまったのにはまいった。幸い、
単4×3本で代用できるアタッチメントが付属していたので
何とかなった。特に11月のように日が暮れるのが早い場合は
必需品。5月に行った時は18650電池2本を持って行ったが、
逆に全く使わなかった。
テールライトはリフレクターだけではなくLEDで点滅する
ライトが必要。夕方の暗い時のみならず、徳島から高知では
所々で長いトンネルがあり安全のためには目立つLEDの点滅
ライトがあった方が絶対に良い。

予備パーツ
2017モデルのRX3に標準装備のTECTROのブレーキパッドは
ダストがひどいわ減りも激しいわで心配になって途中で前後の
パッドをサイクルベースあさひで購入。結局、付け替えなかったけど、
もともとほとんど新品で行ったのだから当然かも。
さすがに1350kmで坂道も多いので予備は持っていくのが安心。
チューブは当然持参。久万高原でパンク1回で使用し、松山で
購入したがその後はパンク無し。パンクもガソリンスタンドで
エア入れた時にちょっと入れ過ぎたのが原因だと思うので、
もしかするとパンク無しで回れたかも。
自転車本体の所で書いた通り、タイヤ自体の予備は持たずに行き、
特に問題なし。ロードバイクの人は必要かもしれないけど、RX3の
純正タイヤは問題なし。

その他
100均で売っているマジックテープのバンドは念のためで持って行ったが
転倒してフロントキャリアが使えなくなった時に雨具をトップチューブに
縛り付けるのに使えて良かった。邪魔にならないのでこうしたバンドは
持っていくのが良いと思う。
あと、タイラップバンドとガムテープ少々は持っていくと非常時に役に
たつと思う。

四国を走るのであれば、あまり悩むことなく、途中の自転車屋とか
100均とかで買うこともできるものがほとんどなので、あまり心配は
しなくてよいと思う。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/787-2241b958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりののんびり休日 «  | BLOG TOP |  » 四国遍路:自転車遍路の振り返り その2~遍路用品編

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (372)
お出かけ (137)
健康 (55)
デジ物 (68)
車 (46)
食 (82)
酒 (9)
家 (13)
ファイナンス (15)
自転車 (8)
お遍路 (30)
買い物 (1)
謎解き (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR