2018/04

研修は大変、もちろん上司が…?   2017.12.05 Tue

うちの会社は昇格試験なんてものが無いが、年次に応じて
研修がある。

入社してからの新入社員研修、配属後研修。
それから来るのが、3年目終わりの基礎固め研修。
うちの会社で伝統的な「問題解決手法」と、それを
A3の1枚の資料にまとめる「資料作成手法」を自分の
業務テーマに沿って行う実習。

自分の入社時は、初年度にやった内容なのだが、今は
3年目の卒業検定になっているらしい。ふ~ん。

自分の部署では、5人が対象になっていて、今週末が
資料作成期限、来週早々から報告会があるので、昨日も
今日も資料の報告というか相談というかばかりで一日が
終わるような状態…

自分が新人の頃は、直属の課長さんのOKを貰うのが
まずハードルで、室長に報告にいくのはよっぽど完成
してからだったような気がするのだが、現在は何となく
室長が第一関門になってしまっているような雰囲気。
説明を聴くまでもなく、資料を見ればアラが出まくり。

今朝の新聞で、新しい大学受験の1次試験のプレテスト
問題を見たけど、文章で論理的に説明をすることが
求められるらしい。裏返せば、そうした能力が今の
学校教育では弱点になっているからなのではないだろうか?

そうした世代が今、今回のような研修を受けているの
かもしれない。

しかし、それはそうとして、何で、課長(グループ長)レベルで、
もっとしっかりと指導をしてこないんだろう?
教科書のセオリー通りのツッコみしかしていないのに、
それくらい想定して直属上司が指導しようよ。

ま、こういう自分は、今年あった別の研修報告会で報告者をことごとく
滅多切りにしたおかげで、どうも研修発表で恐れられている存在になって
いるらしい(笑)

恐れられるのは良いけどね。
来週の部室長報告会でも、先鋒切って他部署の報告者をとことん
切り裂いてやる。それくらい、厳しい所にさらすのが必要。



今日の報告会であまりにひどい資料がでてきてたので、ツッコんでたら
細かい添削モードに入ってしまって部長から怒られた…

確かに細かすぎてしまったのは自分の落ち度で報告会でするべき事で
無かったという点では自分が悪いのだが、矛盾だらけの資料にサインして
出している職場先輩や担当上司にこの研修の意味を考えてほしいものだ。

この考え方を基本として実践できることが求められているはずなのに、
とにかく資料を作って報告をこなす事が目的みたいになっていて、上司も
妥協でサインしてしまう事を良しとするのが透けて見えるのが問題。

先輩社員や直属上司レベルでしっかりと指導できない現状に加えて
今回研修を受けた世代が後輩指導する世代になったらどうなるんだろう?

正直、不安。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/870-f9ad35b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パタパタ土日 «  | BLOG TOP |  » 社内駅伝大会:結局補欠で済んだ

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いて早5年。ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (404)
お出かけ (146)
健康 (61)
デジ物 (69)
車 (47)
食 (87)
酒 (10)
家 (13)
ファイナンス (20)
自転車 (13)
お遍路 (34)
買い物 (1)
謎解き (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR