FC2ブログ

2018/11

信州旅行 day 2   2018.04.30 Mon

ワイン1本飲んで寝たのに、アラーム前に目が覚めた。
とっとと身支度整えて、7:30から朝食。

今回は、エコプランという事でタオル・アメニティなし、
チェックインは16時以降、チェックアウトは9時で
ちょっとお安いプラン。
まあ、帰りに温泉入るつもりでタオルは持ってくるし、
歯ブラシとか普通に持って来ているからOK。

美味しいパンをいただいて昼食で満足して、とっとと
荷物まとめてチェックアウト。

遅れてチェックインして最初に出ていくとは、あわただしい
客だと思われたかも(笑)

しかし、オーナーも奥様も何故か岡崎出身で、奥様は娘の通う
岡崎北高校出身だと昨日の夕食後に話していて判明して
びっくりした。

食事も美味しいし、部屋はきれいだし、マンガは多いし、
夏のいい時期にまた来ようかと思った。

今日の観光は、北八ヶ岳ロープウエイから。
1771mの山麓駅から2237mの坪庭駅まで7分で。
この坪庭と呼ばれるエリアに散策コースがあり、整備されて
いるのでスニーカーでもOKという事なので家族で散策。

はて、ここは2200mくらい。森林限界が普通は2500mなので
普通は森の中なのだけど、なぜハイマツが生えたりして、森林
限界より上のような景色が広がっているのだろう?
でも、この坪庭の周りを見ると、北横岳とかは普通に森林が
生えてる。不思議不思議。

そんなのを眺めながら散策を楽しんだら、何か久しぶりに
山歩きをしたくなった。今年は軽く夏山登山でもしようかな?

ロープウエイで下山して、車で下って聖光寺で道中の安全を
祈ってからさらに下ってヴィーナスライン終了。
茅野の市内を抜けて諏訪ICから中央道へ。

このころになると、家族は全員就寝中に近い状態に。
今回は伊那近辺で伊那のソウルフード「ローメン」が食べたいと
思っていたが、伊那ICの遥か手前から、自分以外は爆睡…
こんなのじゃ、伊那IC降りても何も探せない(泣)

仕方なく、小黒川PAで一旦止まって考えて、駒ケ岳SAで
ローメンも食べられる様子なので高速を降りずにSAへ。

紆余曲折あって、ローメンは食べれるには食べれたのだが、
屋台の作り置きのもので、悪くはないが期待ほど美味しく無い。
多分、普通にお店で食べたらもう少し美味しいだろう。
次に期待。

で、松川で降りて、行ったことが無い遠山郷の「かぐらの湯」へ。
行きに手に入れた「たび~な信州」に載っていたからという理由。

これまた狭い道が続く道程。結構疲れた。

「長野県内最大級の露天風呂」とあったが、男性風呂の露天風呂は
全然広く無く(平谷のヒマワリの湯のほうが広い)、女性もそんな
感じだったらしい。ただ、女性用には箱サウナとか面白いものがあった
ようで、その点で男性用は今回外れ…

遠山郷から国道418号線を通り天竜村→売木を抜けて平谷に至る
ルートを選択して出発。

しかし、国道なのに昨日の林道より所々狭いってどう?
まあ、四百番台の国道などそんなものかもしれないが…
昨日に引き続き、夕方に狭いワインディングをひたすら走る。

売木村にでてほっとした。その先は平谷、そこからのR153と
ずっと2車線なのだし。

国道153号に入ってからは快調に帰ってきた。
途中「花ノ木」で食べて帰ろうと思ってたが、今日のオーダー
ストップが17時、終了が18時で全然間に合わず。

結局、家まで帰ってきて、近所のスーパーのフードコートで
家族で夕食済ませて本日終了。

車の運転は細くて狭くて急カーブでひどいものだったけど、
まあ、旅行そのものは楽しかったから良かった。

今度は花が綺麗な時期にヴィーナスラインを走ってみたい
ものだ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ottodiary.blog.fc2.com/tb.php/924-ce600510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カートなど «  | BLOG TOP |  » 信州旅行 day 1

プロフィール

おっと

Author:おっと
2回目のベルギー赴任から帰任した後に、暇つぶし&日記がてらに書いてもう何年? ベルギーにいた時の「ベルギー飲んで食ってC'est bon」よりはかなり地味… でも、色々やってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (428)
お出かけ (162)
健康 (63)
デジ物 (73)
車 (48)
食 (91)
酒 (10)
家 (14)
ファイナンス (20)
自転車 (15)
お遍路 (40)
買い物 (1)
謎解き (23)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR